スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

健全性判断

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



一般的に外貨MMFって何?国内でも売買してもよい外貨商品の名称(マネー・マーケット・ファンド)。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替変動によって発生する利益が非課税として取り扱われる魅力がある。証券会社で購入可能。
結局、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適切に運営していくためには、シャレにならないほど大量の、業者が「やるべきこと」、並びに「やってはいけないこと」が事細かに規定されています。
覚えておこう、ロイズと言えばロンドン中心部のシティ(金融街)の世界中に知られた保険市場であるとともに制定法に基づき法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケートが会員である保険組合を指す場合もある。
【解説】ロイズとは何か?シティ(ロンドンの金融街)の世界有数の保険市場です。法による法人と定義された、ブローカー(保険契約仲介業者)とそのシンジケートによって構成される保険組合を指す場合もある。
知っておいてほしい。「金融仲介機能」に加えて「信用創造機能」と「決済機能」、この3つの機能を通常銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最も大切なその銀行自身の信用力によって実現できているものだといえる。
そのとおり「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3機能の総称を銀行の3大機能と言う。これは「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業あわせて銀行自身が持つ信用力によって機能しているものなのだ。
今後も、日本国内で生まれたどんな銀行でも、広く国際的な市場や取引にかかる金融規制等の強化も視野に入れて、財務体質等の一段の強化や合併や統合等を含めた組織再編成などまでも精力的な取り組みが行われています。
今後も、日本国内に本部のある銀行などの金融機関は、早くから国際的な規制等の強化も考えて、経営の改善、そして合併・統合等を含めた組織再編成などに精力的な取り組みが始まっています。
BANK(バンク)はもともと机やベンチを意味するイタリア語のbancoに由来すると言われている。ヨーロッパで最も歴史のある銀行。15世紀の初め富にあふれていたジェノヴァで設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):国債など公社債や短期金融資産で運用される投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを言うのである。取得からすぐ(30日未満)で解約する場合、手数料になんと違約金が課せられることを忘れてはいけない。
知ってますか?外貨両替のメリットデメリット。国外旅行であったり手元に外貨がなければいけない場合に活用機会が多い。近頃は円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
平成7年に公布された保険業法の定めに基づき、保険を取り扱う会社は生命保険会社もしくは損害保険会社の2つに分かれ、どちらの会社も内閣総理大臣による免許を受けている者のほかは経営してはいけないという規則。
西暦1998年12月、当時の総理府の内部部局ではなく外局として国務大臣を長とした新しい組織、金融再生委員会が設置され、現在の金融庁の前身である金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に2年余り置かれていたのです。
つまり「重大な違反」かどうかは、金融庁で判断することであり、大部分のケースでは、軽微な違反がずいぶんとあり、それによる影響で、「重大な違反」判断するわけです。
全国組織である日本証券業協会では、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券(株券や債券など)の売買等に関する取引業務を公正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる成長を図り、出資者の保護を事業の目的としているのだ。

スポンサーサイト