スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

これらは「預金」「」

JUGEMテーマ:最近のマイブーム



よく聞くコトバ、金融機関の信用格付けの解説。信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関を含め社債などを発行する企業に関する、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価している。
よく聞くコトバ、スウィーブサービス⇒通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座、この間で、株式等の購入・売却代金などが自動振替してくれる有効なサービスである。同一の金融グループによる顧客囲い込み戦略なのです。
知っておいてほしい。「金融仲介機能」並びに「信用創造機能」と「決済機能」以上、代表的な機能のことを銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、そして銀行そのものの信用力によってこそ機能しているのです。
保険業法(改正平成7年)の定めに基づき、保険の取り扱いを行う会社は生保を扱う生命保険会社、損保を扱う損害保険会社のどちらかになり、いずれの会社も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている者しか設立してはいけないのです。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務も統合し1998年に発足した金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再編。そして平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。
覚えておこう、スウィーブサービスとは?⇒普通預金口座と同一金融グループの証券取引口座の間において、株式等の取引で発生するお金が手続き不要で的に振替される有効なサービス。同一金融グループによる顧客の囲い込み作戦ということ。
いわゆるスウィーブサービスとは、普通預金と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座、この間で、株式等の購入代金、売却で得た利益が手続き不要で振替してくれる画期的なサービスである。同一の金融グループによる顧客囲い込み戦略ということ。
預金保険機構(1971年設立)が支払う保険金の補償額の上限は名寄せ、融資の相殺がされた上で、1人あたり普通預金等の1000万円以内(決済用預金は全額)000万円"この機構に対しては日本政府預金保険機構に対しては日本政府そして日本銀行さらに民間金融機関全体の三者がが約3分の1ずつ
最近では我が国の金融・資本市場における競争力を強化することを目的とした規制緩和のほか、金融規制の更なる質的な向上を目標にした取組や業務等を積極的に実践する等、市場だけではなく規制環境の整備が推進されているのである。
つまり外貨MMFについて。現在、日本国内で売買してもよいとされている外貨建て商品の名称である。一般的に外貨預金よりも利回りがかなりよく、為替の変動による利益が非課税であるという魅力がある。すぐに証券会社で購入しよう。
このため我が国の金融・資本市場での競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融制度の更なる質的向上が目標の試み等を積極的にすすめる等、市場環境や規制環境に関する整備がすでに進められているのであります。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、大蔵省から検査・監督に加えて金融制度の企画立案事務を新たに統合しこれまであった金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として再編。翌年の2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
有利なのか?タンス預金。インフレの局面では、インフレ分現金は価値が下がることになる。たちまち生活に必要のない資金⇒安全性が高くて金利が付く商品にした方がよいだろう。
一般的に外貨MMFはどんな仕組み?現在、日本国内で売買することができる貴重な外貨商品である。同じ外貨でも預金と比べると利回りが良い上に、為替の変動によって発生する利益は非課税なんていうメリットがある。すぐに証券会社で購入しよう。
巷で言う「失われた10年」とは本来、その国全体の、またはどこかの地域における経済がおよそ10年以上の長期間にわたって不況並びに停滞にぼろぼろにされた10年のことを指す語である。

スポンサーサイト